マンホールの「弁」と「弇」

マンホールの「弁」と「弇」

 マンホールに興味を持って写真を撮るようになってから、「阻水弇」「止水弇」と書かれた小さなマンホールがあることに気が付きました。最初見た時には「弁」の旧字は「弇」なのかと思いましたが、すぐ思い直しました。弁護士の弁の旧字は「辯護士」だったはずだからです。家に帰っていつも使っている電子漢和辞典を引きましたが、「弇」はのっていませんでした。ネットで検索すると「弇」は「えん」と読み「覆う」という意味だとわかりました。そうか止水弁の覆い(蓋)だから「止水弇」なのかととりあえず納得していました。
 ところがマンホール好きの人の定番図書である林丈二さんの「マンホールのふた」を読んでみると事情が違っていました。「阻水弇」とか書かれたマンホールの写真の説明文では「阻水弁」と書かれていたのです。つまり林さんは「弇」と「弁」は形が違っているが同じ字である(異体字)と考えているようなのです。この本では「弇」と「弁」の関係については説明がありません。私は混乱してしまいました。
そこで今回自分なりに考えたことをまとめて、ある仮説(笑)を立ててみたいと思います。
まずは、現在私たちが使っている「弁」の旧字について書かなくてはなりません。終戦直後の昭和21年に当用漢字が制定されたくさんの漢字が統合されたり形を変えられたりしました。「當」→「当」、「處」→「処」といった具合です。そこで「弁」という漢字が一躍脚光を浴びることとなったのです。
下の表をみてください。

弁


②~⑥の字は、意味が違っていますが、読みと字形が似ておりひとつのグループと言えます。それを「べん」という読みが同じだという理由で①の「弁」に統一してしまったのです。無謀というか乱暴というかすごい話です。それまで「冠・帽子」しか表さなかった「弁」がいろいろな意味をもつようになり、いわば大出世したわけです。
戦後生まれの私たちは、弁護士も弁財天も弁髪も弁当もなんの違和感もありませんが、戦前の人にこれらの言葉をみせてもチンプンカンプンなはずです。
 ここでマンホールの話に戻ります。「管の中で液体や気体の流量を調節する装置(バルブValve)」は新字で「弁」で旧字では「瓣」です。だから終戦前に造られたマンホールの「制水弁」の表記は「瓣水制」(戦前では基本的に右から左に表記する)でなくてはなりません。ところが大きく分けて三種類の表記があるのです。

図9

 真ん中の「制水瓣」が本来の表記です。左の「制水辨」は「瓣」が「辨」に入れ替わっています。これはおそらく「瓣」の「瓜」の部分が画数が多くてつぶれてしまうため、同じグループである「辨」で代用したのではないかと考えられるのです。それでは「弇」もまた「瓣」の代用なのでしょうか? 
ここで、たくさんのマンホールの写真を公開し、林丈二さんの本を引き継ぐ形でマンホールの楽しさを紹介しているサイト「東京蓋散歩 ~マンホール巡り~」の記事を読んでください。

バルブ考:「弇」と「瓣」の使い分けと読み方。

ここでは戦前の工学書において「弇」に「べん」とか「バルブ」といったルビがふられている例が紹介され「弇」が「瓣」と並行して使われていたことが示されているのです。そこで、図書館に行って大きな漢和辞典を引いてみると「弇」には次のような意味があることがわかりました。

図11

「弇」には「狭い道」という意味があり「valve」の訳語として意味が通らなくもないわけです。つまり「瓣」が画数が多すぎて使いにくいため「弇」を代用とすることが広まったのではないでしょうか? すると気になるが「弇」と「弁」の形が似ていることです。すでに「瓣」の代用字として「弇」が普及していたため形の似ている「弁」が新字として選ばれた。そんな空想をしてしまったわけです。

瓣と弁


鶴間 薫
スポンサーサイト

相模陸軍造兵廠の戦車道路跡を歩く

前回紹介した相模陸軍造兵廠に付随した施設跡の「戦車道路」に行ってきました。
相模陸軍工廠には戦車の性能テストをしたり、操縦を練習するためのテストコースがありました。その道路の跡は地元の人に戦車道路と呼ばれており、現在は尾根緑道(遊歩道)や小山内裏公園として整備され町田市民のいこいの場となっています。

全体地図


町田街道の「馬場」交差点(地図の①)から戦車道路に昇っていく坂道があります。工廠から尾根のコースに進む戦車道路の一部です。

馬場

昇る


突き当りには桜美林大学の野球場(地図の②)がありここからが尾根緑道です。

桜美林野球場

緑道①


緑道を北西に進むと、南多摩斎場がありここから自動車が入れない遊歩道になるのですが、そこに戦車道路についての説明版が設置してあります。(地図の③)

説明板


さらに道を進むと小山内裏公園となり、公園の西端の給水塔が戦車道路の北西端です。(地図の④)

小山内裏公園

給水塔


戦車道の東半分は道路と遊歩道が並列しています。

戦車道東側


東終点はこんな感じとなっています。(地図の⑤)全長約8kmの戦車道路でした。実は戦時中はあまり使用していなかったらしいのですが、それでも九七式中戦車(チハ)がここを駆け抜けていた情景が想像されますね。

東終点

鶴間 薫









新潟市本町十四番町遊郭跡を歩く

仕事で新潟に行ったので、かつて新潟で一番にぎわっていたという「本町十四番町遊郭」の跡を訪ねました。

遊郭の大門があった地には「門の湯」という銭湯が建っていたのですが、現在はつぶれて駐車場になっています。駐車場名に痕跡を残してくれてうれしいですね。

DSC_0452.jpg

門のガレージ近くの動物病院の看板イラストは、なんと新潟市出身の高橋留美子御大です。

DSC_0449.jpg

門のガレージから仲通を見るとこのような感じ。道の両側に遊郭が並んでいました。
突き当りにあるのが入船地蔵院です。昔の写真と比べてみてください。

DSC_0453.jpg

o0400026112252924965.jpg

今は旅館になっている福田旅館。外観は新しくなっていますが、内部は当時のものが残っているようです。
参考:お散歩日記

DSC_0442.jpg

今は住宅になっていても昔の屋号を残している家もあります。

DSC_0455.jpg

福田旅館近くの路地を入っていくと質屋が…
遊郭に質屋はつきものなのです。

DSC_0470.jpg

普通の民家にもこんなものが貼ってあったりします。
組合というのは、飲食店や旅館の組合でしょう。

DSC_0508.jpg

唯一当時そのままに残っていると思われる廃屋。
正面にシャッターがあるので、何かの店舗であったようです。
タバコ屋でしょうか?昔の色町ではタバコ屋が案内所を兼ねていることがよくありました。

DSC_0475.jpg

近くの高台の上に住吉神社がありました。
遊郭と宗教施設の関係も切っても切れないものです。

DSC_0536.jpg
 
(代表T)

あの事件の現場を見てきました

大田区産業会館に行った帰り、多摩川河川敷の「あの痛ましい事件」が起こった場所に行ってきました。
多摩川を超えて川崎市に入り、京急大師線に乗り、すぐ隣の港町に行きます。
駅前に真新しいマンションが二棟建っていて降りる駅を間違えたかと思ってしまいます。けれども港町は、すぐ南に川崎競馬場があり、西には堀之内のソープランド街が広がっているような場所です。

DSC_0613s.jpg

マンション裏の多摩川沿いの道を歩きます。

DSC_0617.jpg


すぐに、テレビで見慣れた風景が目に入ってきました。

DSC_0621.jpg

いまだに献花が絶えないようです。「現場」と書かれた看板が立っています。

DSC_0623.jpg


背景に映っている大きな水門ですが、昭和三年に建てられたもので、有形文化財に指定されています。

DSC_0625.jpg

「現場」に向かって草が踏みしめられて道ができています。
詳細を知るにつれてやり場のない怒りがこみあげてくる事件でしたが、この事件をきっかけに少年法の適応年齢を下げる動きがあるようです。早く実現するとよいと思いますね。

DSC_0639.jpg

呉の戦争遺跡

広島と呉に旅行にいったので戦争遺跡を見てきました。
大和ミュージアムとてつのくじら館は、艦これの気配はなく安心しました(笑)

呉の入船山記念館で、海軍時代のマンホールを発見。
「海軍水道」とあります。消火施設のふたです。

海軍水道

呉の「アレイからすこじま」近くには地下工廠の跡があります。
現在はコンクリートでふさがれていて入ることはできません。

イリグチ

近くにはトーチカがあります。

トーチカ

この小山の頂上には工廠神社の跡があります。
神社に向かう階段の途中にもトーチカが。

トーチカ2

工廠神社跡。
櫻がきれいでした。

工廠神社

(代表T)

プロフィール

壱輪社

Author:壱輪社
情報系評論系同人サークル「壱輪社 ichirinsha」のブログです。
テーマは、オタク文化、日本文化、オタク落語、路上観察/街歩き、健康/医療 等です。
関東を中心に、コミティア/文学フリマ/コミックマーケット/資料系博覧会/サンクリなどに参加します。
【代表者ツイッター】
@kaoru_Tsuruma
【Pixiv(大野まさみ)】
http://www.pixiv.net/member.php?id=10997762

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR