マンホールの「弁」と「弇」

マンホールの「弁」と「弇」

 マンホールに興味を持って写真を撮るようになってから、「阻水弇」「止水弇」と書かれた小さなマンホールがあることに気が付きました。最初見た時には「弁」の旧字は「弇」なのかと思いましたが、すぐ思い直しました。弁護士の弁の旧字は「辯護士」だったはずだからです。家に帰っていつも使っている電子漢和辞典を引きましたが、「弇」はのっていませんでした。ネットで検索すると「弇」は「えん」と読み「覆う」という意味だとわかりました。そうか止水弁の覆い(蓋)だから「止水弇」なのかととりあえず納得していました。
 ところがマンホール好きの人の定番図書である林丈二さんの「マンホールのふた」を読んでみると事情が違っていました。「阻水弇」とか書かれたマンホールの写真の説明文では「阻水弁」と書かれていたのです。つまり林さんは「弇」と「弁」は形が違っているが同じ字である(異体字)と考えているようなのです。この本では「弇」と「弁」の関係については説明がありません。私は混乱してしまいました。
そこで今回自分なりに考えたことをまとめて、ある仮説(笑)を立ててみたいと思います。
まずは、現在私たちが使っている「弁」の旧字について書かなくてはなりません。終戦直後の昭和21年に当用漢字が制定されたくさんの漢字が統合されたり形を変えられたりしました。「當」→「当」、「處」→「処」といった具合です。そこで「弁」という漢字が一躍脚光を浴びることとなったのです。
下の表をみてください。

弁


②~⑥の字は、意味が違っていますが、読みと字形が似ておりひとつのグループと言えます。それを「べん」という読みが同じだという理由で①の「弁」に統一してしまったのです。無謀というか乱暴というかすごい話です。それまで「冠・帽子」しか表さなかった「弁」がいろいろな意味をもつようになり、いわば大出世したわけです。
戦後生まれの私たちは、弁護士も弁財天も弁髪も弁当もなんの違和感もありませんが、戦前の人にこれらの言葉をみせてもチンプンカンプンなはずです。
 ここでマンホールの話に戻ります。「管の中で液体や気体の流量を調節する装置(バルブValve)」は新字で「弁」で旧字では「瓣」です。だから終戦前に造られたマンホールの「制水弁」の表記は「瓣水制」(戦前では基本的に右から左に表記する)でなくてはなりません。ところが大きく分けて三種類の表記があるのです。

図9

 真ん中の「制水瓣」が本来の表記です。左の「制水辨」は「瓣」が「辨」に入れ替わっています。これはおそらく「瓣」の「瓜」の部分が画数が多くてつぶれてしまうため、同じグループである「辨」で代用したのではないかと考えられるのです。それでは「弇」もまた「瓣」の代用なのでしょうか? 
ここで、たくさんのマンホールの写真を公開し、林丈二さんの本を引き継ぐ形でマンホールの楽しさを紹介しているサイト「東京蓋散歩 ~マンホール巡り~」の記事を読んでください。

バルブ考:「弇」と「瓣」の使い分けと読み方。

ここでは戦前の工学書において「弇」に「べん」とか「バルブ」といったルビがふられている例が紹介され「弇」が「瓣」と並行して使われていたことが示されているのです。そこで、図書館に行って大きな漢和辞典を引いてみると「弇」には次のような意味があることがわかりました。

図11

「弇」には「狭い道」という意味があり「valve」の訳語として意味が通らなくもないわけです。つまり「瓣」が画数が多すぎて使いにくいため「弇」を代用とすることが広まったのではないでしょうか? すると気になるが「弇」と「弁」の形が似ていることです。すでに「瓣」の代用字として「弇」が普及していたため形の似ている「弁」が新字として選ばれた。そんな空想をしてしまったわけです。

瓣と弁


鶴間 薫
スポンサーサイト

コミックマーケットC90 コミティア117のスペースについて

コミックマーケットC90、コミティア117に壱輪社のサークル参加が決まりました。

コミックマーケット90 8月14日(3日目 日曜日) 東ポ26a

コミティア117 8月21日(日曜日) ね25b

【頒布予定同人誌】
■新刊
「戦車オンチのためのガールズ&パンツァー戦車ガイド 各校戦車編」 壱輪社
「アニメ/マンガキャラクターの死因」 森岡 恵
□既刊
「戦車オンチのためのガールズ&パンツァー戦車ガイド 戦車の基本編」 壱輪社
おたく落語集「おたらく 壱」「おたらく 弐」「おたらく 参」 南まんもす
待ち歩きの壺 「石」「電柱・鉄塔・アンテナ」 鶴間 薫

よろしくお願いいたします。
壱輪社代表:鶴間 薫

ガールズ&パンツァー劇場版のポルシェティーガーの「超音速の貴公子」システムについて

ガールズ&パンツァー劇場版では、レオポンさんチームのポルシェティーガーが「エンジンには規定があるけどモーターにはない」という言葉とともに「EPS(下注)」と書かれたボタンを押すと、すごい勢いで加速します。
このブースターシステムについて考えてみましょう。

ポルシェティーガーがガソリンエンジンと電気モーターのハイブリッド戦車であることは御存じと思います。但し、ポルシェティーガーの動力システムは現代のハイブリッド自動車のようにエンジンとモーター両方で車輪を駆動するものではありません。ポルシェティーガーでは、ガソリンエンジンで発電機を回し、発電機で発生した電力でモーターを回すというものです。第二次世界大戦当時は、現代の様な小型で高性能のバッテリーが存在しなかったのでこのシステムしかできなかったのです。
それでは、ポルシェティーガーのパワーアップを図るためにはどうしたらいいでしょうか。自動車部のことですからエンジンのチューンアップはルール規定の範囲内で最大限にやっているはずです。次にはモーターのパワーアップを考えるわけですが、新たに充電式のバッテリーを積んだ場合は規定違反になるのだと考えられます。第二次世界大戦の時代にはない装置での追加動力は確かにルール違反でしょう。

そこで、カーレースに精通した自動車部は、F-1で使われている「エネルギー回収システムEnergy-Recovery System」の導入を考え付いたのだと思います。これは減速で発生した運動エネルギーやエンジンの排気熱を回収して動力に上乗せするシステムです。上乗せしたエネルギーはもともとエンジンから発生したものなので、レギュレーションに引っかからないわけです。

ガールズ&パンツァーでは大事な試合前の各チームの様子が描かれ、それが試合での行動の伏線になっています。大学選抜戦の前では、レオポンさんチームはツチヤとホシノがルールブックを熱心に読み、スズキが「break on」と書かれたカーレース用の表示板を持っているのです。どうやらこれが「超音速の貴公子」システムのヒントになっていたと考えられます。

(注)EPSの意味については、energy panzer system, electric power system, electric power supply等が考えられます。

超音速の貴公子

プロフィール

壱輪社

Author:壱輪社
情報系評論系同人サークル「壱輪社 ichirinsha」のブログです。
テーマは、オタク文化、日本文化、オタク落語、路上観察/街歩き、健康/医療 等です。
関東を中心に、コミティア/文学フリマ/コミックマーケット/資料系博覧会/サンクリなどに参加します。
【代表者ツイッター】
@kaoru_Tsuruma
【Pixiv(大野まさみ)】
http://www.pixiv.net/member.php?id=10997762

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR